トップページ › 産学官連携活動

産学官連携活動

産業界との共同研究や受託研究を始めとする産学官連携活動は、本校の研究成果を産業界へ還元し社会貢献するとともに、ものづくりの教育機関として産業界の具体的課題に接する貴重な機会でもあり、本校では積極的に受け入れています。

沼津高専の産学官連携

産学官連携

連携の具体例

本校と企業等の研究協力は、主に以下のような制度を通じて進められています。

  • 科学技術相談
    企業の現場で発生した技術的問題や疑問点の解決策の提案をさせていただきます。申込いただいた相談内容に応じ、各分野に精通した研究者(教員)と産学官連携CDがお話を伺います。
  • 共同研究
    企業等と本校の研究者(教員)が共通のテーマについて共同で研究します。本校側で資材や機器、出張旅費等が必要の場合は本校へ研究経費を納付いただきます。
  • 受託研究
    本校の研究者(教員)が企業等に代わって研究します。研究遂行に資材や機器、出張旅費等が必要の場合は本校へ研究経費を納付いただきます。
  • 寄附金
    学術研究の奨励や教育の充実を目的とする寄附金を本校で受け入れることにより、研究成果等を通じて本校のみならず広く社会にも貢献します。
  • 寄附講座 • 寄附研究部門
    寄附金のうち、特に寄附者の意図を汲んだ新技術の開発等(営利目的を除きます)の研究内容に重点を置くもので、 当該講座等を組織化し、運営に必要な給与・設備費を始めとする一切の経費や、カリキュラム・テキスト作成、講師を派遣する といった知識・人材面を寄附受入します。 なお、開設にあたり当該講座等名に寄附者の名称を附す事ができます。

お申込みの流れ等、詳しくは各ページをご覧ください。
また、近年の産学連携受入実績及び、Q&Aも掲載しておりますので、参考にご覧ください。
本校教員の研究テーマ一覧は、沼津高専公式HP-データベースをご覧ください。

ページトップへ