トップページ › 寄附金

寄附金

本校では、学術研究・教育活動の支援のための寄附金を受け入れています。
寄附者は、研究目的や研究者を指定したり、寄附者の氏名等を付すことはできますが、寄附の見返りとして研究成果等を受け取る権利は生じません。
しかし、寄附金は、本校における学術研究や教育の充実・発展に大いに活用され、この成果を通じて本校のみならず、広く社会に貢献することになります。

受け入れ上の制約

お申込いただく寄附金が独立行政法人国立高等専門学校寄附金取扱規則第7条に該当する場合、寄附金として受入れることができません。

−独立行政法人国立高等専門学校寄附金取扱規則より抜粋−
第9条 寄附金を受入れようとする場合において、次の各号に掲げる条件が附されているものは、受入れることができないものとする。
一 寄附金により取得した財産を無償で寄附者に譲与すること。
二 寄附金による学術研究の結果得られた特許権、実用新案権、意匠権、商標権及び著作権その他これらに準ずる権利を寄附者に譲渡し、又は使用させること。
三 寄附金の使用について、寄附者が会計検査を行うこととされていること。
四 寄附申込み後、寄附者がその意思により寄附金の全部又は一部を取り消すことができること。
五 その他理事長が特に教育研究上支障があると認める条件。

寄附金の税制上の優遇措置について

寄附者は、法人税法・所得税法により税制上の優遇措置が受けられます。
寄附者が法人の場合は、寄附金の全額が損金に算入できますので、税金が免除されます。
寄附者が個人の場合は、総所得金額から寄附金の額を控除でき、税金の対象となる額を軽減できます。

寄附金の申込手続きについて

@「寄附金申込書」に必要事項をご記入のうえ、下記の問い合わせ先へご郵送ください。
寄附金申込書
寄附金申込書 記入例
外部資金受入手続きの流れ

A受入決定通知及び振込依頼書をお送りしますので、お振り込みください。

B寄附金の受領証明書をお送りします。(上記の税制上の優遇措置を受けるためには、この受領証明書を添えて所轄税務署に確定申告を行う必要があります。)

問い合わせ先

沼津工業高等専門学校 総務課研究支援係
〒410-8501 沼津市大岡3600
TEL:055-926-5762 FAX:055-926-5700
E-mail:

ページトップへ