head_img

→申込み(小・中学生対象)

→ 申込み( 一 般 ) 

photo
講座一覧(PDF)

 

講座(小・中学生対象)

photo

沼津高専のすぐ南側にあり、公園池としてきれいに整備されている門池(かどいけ)。そんな門池を例に、身近な水辺の環境調査の方法を学びましょう。
⇒詳しくはこちら(PDF)
⇒ポスター(PDF)

photo

身の回りではさまざまなものがプログラムによって制御されています。本講座では Arduino を使って、LEDの点滅方法を理解することで、プログラミングと制御の基礎を学びます。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

目には見えないけれども、身の回りには多くの微生物に囲まれています。17世紀にオランダ人・レーウェンフックが自作の顕微鏡で微生物を観察したことが微生物の発見となりました。レーウェンフックの作成した顕微鏡・現代の顕微鏡の構造や仕組みを学ぶとともに、いろいろな顕微鏡を使って生物の観察をしてみましょう。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

2022年の今年は国連が定めた「国際ガラス年」です。過去、現在、未来にわたって生活に欠かせないガラスの重要な役割を祝福する1年です。身近にあるガラスを科学の目で見るとどう見えるでしょうか?ガラスの色ってどうやってつくの?コンピュータシミュレーションと実験を通じてガラス の世界を紹介します。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

本講座では、オリジナルコップの製作を通して、ガラス表面の加工等で使用されるサンドブラスト作業を親子で体験していただきます。ガラスコップにマスキングテープで文字・図柄等を貼り付け、サンドブラストを使用して表面を削る作業を行い、オリジナルコップを作ります。
⇒詳しくはこちら(PDF)
⇒ポスター

photo

本講座では、抵抗やコンデンサ、タクトスイッチなどの電子パーツを使って、LEDを光らせたり消したり、モータを回したり止めたりしながら、工場内で使われる制御回路(リレー回路)の基礎を学びます。
⇒詳しくはこちら(PDF)
⇒イメージ

photo

家庭用エアコンを分解し、環境にやさしいエアコンの内部を見ながらエアコンの仕組みの解説、電気回路部分の解説を行います。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

中学生を対象に,実験を通じて化学の分野の面白さを伝え,化学の分野に対する興味付けを行います。講座では講義を交えながら,化学実験を行います。今年度の実験テーマについては検討中です。過去には「蛍光体の合成」,「ガラスの化学」,「身近なものを使った色変化」などの実験を行いました。
⇒詳しくはこちら(PDF)


ページトップに戻る


講座(一般)

photo

生産システムにおいて、PLC (Programmable Logic Controller) は、生産効率や製造コストを左右する重要な制御機器の1つです。本講座では、シーケンス制御を行うための PLC におけるプログラミングの基礎を学習し、新型のPLCを用い、従来のラダープログラムに加え、位置・速度・加速度を用いたモーション制御技術やMATLAB/Simulinkとの連携方法を学びます。
⇒詳しくはこちら(PDF)
⇒イメージ1
⇒イメージ2

photo

本講座では機械学習のうち主に教師あり学習に焦点を当て、データに数理統計を施して新たな価値を導き出すデータサイエンスに関する基礎力を養うことを目的とします。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

理工学分野で幅広く利用されているフーリエ級数・変換の概念を、数学的な厳密さよりも直観的な理解を重視した図解で説明することで、理論の基礎と工学分野での応用例を理解してもらうことを目的としています。(昨年度よりわかりやすい内容に変更しました。)
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

2008年にロボカップジャパンオープンが沼津で開催され、子どもたちのロボット競技会への関心が高まっています。本講座ではロボカップジュニアに出場可能なロボットの製作を通し、子どもたちにロボットの作り方やロボカップジュニアの精神を指導できる人材の育成を目的としています。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

本講座は、本を通じて他者と交流したり各人が読書の幅を広げることを趣旨・目的としています。好きな一冊を持ち寄って自由に語り合います。関心がなかった作品やジャンルの魅力を発見したり、他者の読みから自分発見をしたりすること、他業種・他業界の人との関わりを通して多様な視点が持てることが期待されます。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受け、微分方程式で記述される感染症の数理モデルが注目されています。インフルエンザの流行予測にも用いられているこの数理モデルを単純化して、数学的な厳密さにはあまりこだわらず、高校数学程度の知識で感染症の感染者数予測がどのように求められているかを何となく理解することが本講座の目的です。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

本講座では、パソコンの組み立てやソフトウェアのインストールを通して、今後日常的に触れるであろうコンピュータの仕組みと内部の様子を知ることができ、コンピュータやネットワーク機器に対する興味や関心を高めることができます。参加者は、ばらばらのパーツを組み立ててパソコン(ハードウェア)を作り、ソフトウェアのインストールを行って日常使っているパソコンの状態にまで完成させます。
⇒詳しくはこちら(PDF)

photo

Society5.0を担う人材として、生徒・学生から企業人・社会人まで、課題発見・解決力が必要とされ、その為に、新しい視点を見出す力と多面的なアイデア発想が求められています。TRIZ(トリーズ)は特許分析から生まれた課題発見と課題解決のヒントを与えてくれるツールで、現在、国内外から注目されている発想法です。そこで本講座では、教育に着目したEducation-TRIZを基礎から学ぶことを目的としています。
⇒詳しくはこちら(PDF)

ページトップに戻る

 

お問い合わせ

沼津高専 公開講座担当

〒410-8501 静岡県沼津市大岡3600  ⇒アクセス

TEL: 055-926-5727
FAX: 055-926-5700
メール:
koukaikouza(アットマーク)numazu-ct.ac.jp


 

お知らせ

【注意事項】

○感染症対策等について

講座に参加される皆さまにおかれましては、施設利用の際には手指の消毒・マスク着用、当日の検温等、感染防止にご協力くださいますようお願いいたします。


○講座の中止等

受講希望者が最小開講人数に達しない場合、今後の新型コロナウイルス感染症の状況、悪天候などにより、講座の開講を中止することがあります。予めご了承ください。

 

【更新情報】

2022.6.10 令和4年度沼津高専公開講座の情報を公開しました。

ページトップに戻る